takashi2000 のすべての投稿

確定測量にかかる費用とは?

一般的な土地は100坪以下である場合が多いので、ここでの一般的な測量相場は100坪以下とします。

以下が、100坪以下の土地の場合の現況測量と確定測量の相場です。

 
測量方法 費用
現況測量 35〜45万円
確定測量 60〜80万円

現況測量か確定測量かという観点では、買主の立場で考えることが大事です。

買主の立場からすると、現況測量図だけだと、引渡し後に土地の面積が変わってしまtたり、土地の範囲について隣人とトラブルになるという大きなリスクつながる可能性があります。

なので、測量をする場合は確定測量をきちんとしましょう。

また、確定測量をしていない土地は売りにくいので、測量費用については、売主が負担するのが一般的です。

基本的には売主が確定測量をしておき、その確定測量図で計測した資料を基に土地取引は行われるため、売却を考える場合は確定測量が必須となります。

測量費用が高額になる場合は?

測量費用が高額になるケースは以下の通りです。

測量費用が高額になる場合
  1. 官民立ち会いをする必要がある
  2. 土地が広大あるいは複雑である
  3. 近隣と紛争が発生している土地
  4. 相続時など関係者が多い場合

以上のような測量に手間がかかるときに費用が上がってしまいます。

官民立ち会いをする必要がある

官民立ち合いとは、行政の人と土地の所有者(民間人)が一緒に立ち会って、土地の境界を確認することです。

官民の「官」は行政の人間のことを意味し、官民の「民」は売主(民間人)自身のことを指しています。

官民立ち会いの多くのケースは、自分(民間人)の土地が行政(官)が管理している土地と隣接する場合に、行政の人と一緒に土地の境界確認を一緒にすることです。

例えば、道路や水路などといった官(行政)が所有している領域に、自分の所有している土地が隣接している場合は、官民立ち会いになります。

官民立ち合いになると、行政とのやり取りが発生して手間がかかるので高額になります

土地が広大あるいは複雑である

土地が広ければ、測量自体が大変になり時間もかかるので測量費用は上がります。

土地が複雑な形をしているときも、測量に手間がかかるので測量費が上がります。

近隣と紛争が発生している土地

境界に関して既に近隣と揉めている場合も測量費用が上がります。

隣人との立ち会いのためのアポ取りや境界確定の交渉が難しく、測量する測量士や土地家屋調査士の手間がかかるためです。

相続時など関係者が多い場合

相続時などで相続人が多い場合も測量費が上がります。

確定測量の境界確定は、隣人以外にその土地の所有者の合意も必要です。

ということは、その土地の所有者が多ければ多いほど、測量の手間がかかるということになります。

なので、相続時で相続人が多い場合は測量費が上がると覚えておきましょう。

確定測量にかかる費用をなるべく安く済ませるためには?

なるべく安く済ませるためには、確定測量を総じて管理してくれる、優良な不動産会社に相談することが重要でしょう。

ちなみに、測量機を売却したいという方はいませんか?測量機器買取業者には全国対応、地域対応様々ありますが、ネットで調べれば多数ありますので是非検索してみてください。